img_7202.jpg

エンタメ

世界最大級の淡水魚「アリゲーターガー」が名古屋城で目撃!

更新日:

スマホトップアドセンス


名古屋城で世界最大級の巨大魚が発見される…

名古屋城の外堀で、体調1メートルを越す
巨大外来魚「アリゲーターガー」が目撃され話題になっています!!

発見したのは、同市の環境局調査員の男性で、
外堀の水面をゆっくり泳いでいる姿発見しました。

 

この外来魚は、もともと日本にいる魚ではなく
その名前が示す通り、「外から来た」すなわち
海外からやってきた魚という意味です。

 

何らかの原因によって、
海外から日本国内に侵入してしまい
繁殖してしまうというケースがあります。

 

外来魚がもたらすデメリットとは?

外来魚が増えると、一体どうなるのか?というと、

  • 日本にいる在来魚を食べてしまう
  • 似ている在来生魚と交雑して雑種が生み出される
  • 在来魚の餌を食べてしまう
  • 毒を持っていたり人を襲ったりする場合がある

といった悪影響があります。
全ての外来魚がそういった悪さをするわけではありませんが、
基本的に、もとから日本に住んでいる生物が生活する妨げになる
場合があるので、捕獲または駆除を行うケースがあります。

※在来とはもともと日本にいる生物

なぜ、カラダが大きい巨大魚を捕獲できないのか?

今回、名古屋城で目撃されたアリゲーターガーも例に漏れず。
市の職員らが、繰り返し捕獲を試みるも失敗続きの状態…

その間にもアリゲーターガーはみるみるうちに成長しており、
年々、その大きさは増してきているそうです。

なぜ、体長が大きいのに捕獲できないのか?
「デカかったら、目立つしすぐに見つかるのでは?」

とあなたも思ったかもしれませんが、
このアリゲーターガーは神出鬼没で

姿を表したり、姿を消したりを繰り返し
また、設置している網やワナにもかからないので

捕獲が難航しています…。

 

腕のある釣り人が名乗りをあげるも…

「オレは釣りが得意だから、釣ってあげるよ!」と
腕に自信のある、釣り人が名乗りをあげて
捕獲するというオファーを名古屋市に投げているのですが、

名古屋城の堀の付近は道路が面しており、
付近で釣りをすると危険なため、市は釣り人の申し出を断っているそうです。

名古屋城付近の地図


確かに地図を見てみても、堀と道路の感覚が狭くて
危険と言われてもうなずけますね。(´・ω・`)

捕獲に効果的な方法も名古屋城の特殊な事情で採用できず

また、外来魚を捕獲する方法として有効なものに
「水抜き」という方法があります。

これは、書いて時のごとく、
水を抜いてしまって、魚をあぶりだすというものですが、
名古屋城でそれをやってしまうと、堀が崩れてしまう…などの
危険性があるため、この方法も行うことができません。

名古屋城の特殊な事情や、
さまざまな原因が重なって、捕獲に苦労しているという現状。

名古屋城のアリゲーターガーが捕獲される日はいつになるのか?
気になるところであります。(^^)

 

巨大外来魚とは?

もともとは、日本におらず、
海外からやってきた種類の魚です。

種類によっては、日本にいる魚を食べたり
悪さをする場合があります。

アリゲーターガーとは?

北アメリカに住む魚で、
世界最大級の大きさを誇る淡水魚と言われています。
名前の通り、ワニのような姿をしている大きな魚です。

記録では「2.6メートル」を超える大型タイプの情報もあります…。
人間を超えるようなサイズでかなり迫力があります!!

アリゲーターガーはこんな姿です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright© 気になるトレンド情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.