img_7202.jpg

芸能

黒夢の商標権がオークションに!一体なぜそうなった?原因は?

投稿日:

スマホトップアドセンス


音楽業界で今話題になっているネタが
「黒夢」の「商標権」がオークションに出品されている
という問題…。

バンドの命とも言っても大げさじゃないぐらい
大切な、商標(名前)が売り出されるなんて…
一体、なぜ、どうして?そうなったのか!?

世間でも様々な声が上がっている模様。

黒夢ってなに?

黒夢とは1994年に結成された
日本のロックバンドグループで、

発売したアルバムはオリコン1位を取ったり、
武道館や横浜アリーナでもライブを行うぐらい

大人気のアーティストでしたが、
5年間活躍したのち、1999年に活動を停止。

のちに「SADS」として再結成され、
またまた、武道館でのライブを成功されています。

 

でも、なんでそれほど人気のバンドだったにもかからわず
バンド名である「商標権」が売りに出されているのでしょうか?

金銭的な問題により、泣く泣く「商標権」を出品?

この「黒夢」という商標権についてですが、
所有者は有限会社フルフェイスレコードというところで

これは黒夢のボーカルである「清春(森青治)」さんが
代表をつとめていた会社です。

 

それでは、なぜ?今回商標権を出品するという
事態になったのか?というと、

ズバリのところ…清春さんが経済的に厳しい状況に
陥っている可能性が濃厚だということです。

 

「でも、売れっ子バンドだったしお金あるんじゃないの?」

と思う方もいるかもしれません、
私もそんな認識だったのですが

  • 2000年開催のツアーで5000万円の赤字
  • ファッションブランドの立ち上げ
  • バーの出店
  • その他、もろもろの事情

などの原因により、バンドとして成功した時に
稼いだ資金もすり減ってきているような状況になっている
ということが考えられます。

 

立ち上げたブランドや事業なども、
軌道に乗っているわけではなく、いくつかはたたんでしまい
ほとんど、会社の収入源として機能もしていなさそうです。

ちょっと、残念ですね…。

商標権が無くなるとどうなるの?

「黒夢」という名前を使って、CDを販売したり
コンサートの宣伝用のチラシに記載したり

つまり、商用目的で黒夢というネーミングを
使用することができなくなります。

※ちなみにオークションはもう終了しています

個人的な感想

アーティスト名である「商標権」が
差し押さえられて、競売にかけられる…というのも

なかなか、珍しい状況ですよね。

そして、商標権以外に
差し押さえられるものが無かったのか?

という疑問ものこります。

 

清春さんの会社には、
もう他に差し押さえられるようなものが
なかったのでしょうか。汗

商標権を落札したのは誰?なのかという点も
気になる部分ではあります。

 

しかし、
一斉を風靡したアーティストには変わりないので、

またアーティストととして活動を積極的に行い、
ガッツリ稼いでほしいと思いますね!(^^)

今回は黒夢の商標権がオークションにかけられた…
という話題をピックアップしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© 気になるトレンド情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.